訪問看護の看護師の仕事

高齢化が進む日本で注目されているのが、訪問看護という仕事です。これは自分で生活することが一部、難しい高齢者が利用できるサービスで、自宅に看護師が訪問し、食事や入浴の介助、かかりつけ医の指示に基づいた医療処置を行います。


看護師として一人ひとりの患者さんと向き合う

現在、看護師の転職サイトなどでも訪問看護の仕事は増えていると言われているそうです。訪問看護の仕事では決まったお宅に訪問し、その家族や本人の望む医療などを提供します。入院施設のある病院などが遠い場合や、住み慣れた家を離れたくないという高齢者の精神的なことを考えてできた、新しい看護の姿勢です。これは高齢者の利用者が多いのですが、赤ちゃんでも若い世代でも、条件をクリアすればこの看護サービスを受けることはできます。


家族の相談にも乗ってくれるから安心

介護などで増えているのが、親族の介護疲れだと言われています。親族だから自分たちで、と考えても昼夜を問わずに大きな声を出す、自分で食事をとることが難しいとなると、家族も疲れ切ってしまうのです。それは障害を持つ子どもなどを持つ親にも言えることで、訪問看護では専門知識のある看護師が家族の相談にも乗ってくれます。支えになる家族の疲弊を防ぐことも、大切なことです。

看護師転職サイトはどのような観点で選んだらいいのか?

看護師は、給料や人間関係、働き方のシステムなどに納得がいかず、転職をする割合が高い職業だと言われています。
そのため、就職を支援するサイトはかなりたくさん出ているようです。
しかし、そこまで数が多いと、いったいどんなものを選んだらいいのかがわからないですよね。
では、サイトは何で選べばいいのでしょうか?


『看護師の転職サイトは情報掲載数と報酬金の有無で選ぶ』

まず一番に注目して欲しいのは、いくつくらいの病院・診察所の情報が掲載されているか、ということです。
仕事選びの際は選択肢が多い方が選びやすいと思うので、職場の掲載数が多いところを選びましょう。
また、報酬金をもたらしてくれるところもおすすめできます。
報酬金というのは、サイトの利用者が就職に成功した場合にサイトからもらえるお金のことです。
10万円程度の高額なお金をくれるところが多く、実際にもらえている人もたくさんいるようです。
情報量だけではなく、得するかどうかで選ぶのもいいですね。


『あまり知られていない職場を載せているところも利用した方がいい』

また、転職サイトを利用する際にもう一つ注目しておいてほしいところがあります。
それは、大手のサイトには載っていないような職場が掲載されているかどうかです。
というのも、マイナビなどの有名なサイトは広告料を高く取るため、ある程度お金を持っている病院や診察所しか載せることができません。
それだと小規模だけれども優良だというところを見落としてしまうので、看護師側が有名でないサイトも見て探していく必要があります。
ですので、掲載数が多い有名なサイトと、逆にそのようなところには載っていないような職場を載せているサイトの2つを掛け持ちした方がいいでしょう。

看護師として転職するということ

看護師から別の職業に転職したい。そんな願いを抱えている人もいるのでしょうか。それとも、看護師のままで、別の病院、施設で働きたいと思っている人の方が多いのでしょうか。
どちらにしても、求人情報をあつめるのは大切なことです。もし今の職を完全に退いてから次の職を探すことを選ぶとしたら、次の職が決まるまでの期間、先行きの見えない現状に苦しみを覚えてしまうかもしれないということがあることも知っておきましょう。
転職活動は次の環境に身を置くための、今の自分を変えるための前向きな活動。何かを変えようと動くとそこには苦痛や困難が待ち受けているかもしれません。そのことも頭に入れておかないといけません。
うまくいくと自分が認められた感覚で少しの間満ち足りたような気分になるかもしれませんが、そこがゴールではありません。そこからまた頑張らないといけないのです。


看護師から別の職業にうつる?

看護師はつらい仕事です。看護師は時間の自由が効かず、勤務内容も厳しいものであるがゆえに、ずっと長い間そこにとどまっておくにはかなりの忍耐力が必要です。
さらに夜間勤務も多いこともありその勤務には体力も必要とします。その両方を兼ね備えていることが看護師に求められるので、ずっと続けることができる人は限られてくるでしょう。
無理せず、別の職に就くことも念頭に置いておきましょう。ほかでもない、あなたの人生です。我慢ばかりではつまらないですよね。
ですが、もし相談することなどで解決できる種類の問題ならなるべく解決するように心がけて現状を良くする努力を怠らないべきです。その途中誰かが助けてくれるかもしれませんし、その道程で学ぶことも多いでしょう。


今のまま看護師を続けたい人は

もし看護師という職業を変えることなく頑張っていきたいと思っている方は、専用の看護師転職サイトなどを利用することでその助けとすることができるかもしれません。
看護師転職サイトなら、希望の条件で勤務できる病院や施設を検索、その後申し込むことができます。今の病院や施設の環境に満足できない人はそちらを利用することで看護師としての自分をさらにステップアップさせることができるでしょう。
変えるところは変えて、残すところは残す。これができればきっと幸せな未来はあなたに開いていることでしょう。今の自分を肯定する。否定するところは否定する。全行程では無いバランスははじめ難しいですが、きっと大丈夫です。

看護師求人のハローワーク利用法

看護師の求人で、よく利用されているのはハローワークでしょうか。例えば、引越し先で看護師の求人を探す場合でも厚生労働省のサイトを見れば、全国のハローワークの所在地を確認することができます。事前にハローワークインターネットで勤め先の情報を集めるられるのは非常に便利です。


<ハローワークの流れ>

一般的には、このような流れです。自分で看護師の求人を検索して、自分が求める条件に見合った病院などが見つかれば、求職申込書に記入します。それを窓口へ出し、応募用の紹介状を作ってもらい、履歴書と合わせて、面接しに行くのが普通でしょう。そこで採用が決まれば、大成功です。


<ハローワークの利用法>

ハローワークには地元に根ざした求人が多くあります。ただし、カンペキではありません。仕事の詳細な内容や細かい待遇などは分かりません。紙に書かれた文書だけでは情報不足です。ハローワークを利用する際にはこの点に気をつけてください。ハローワークの職員に相談するのもひとつの手段です。さまざまな比較サイトなどで病院の評判を調べることも必要でしょう。やはり、自分の条件に合った求人を見つけるためには、事前の充分な情報を集めることが重要です。自分が働く場所なのですから、手間を惜しまず調べてください。大切なポイントです。

看護師の転職における診療所と総合病院

診療所と総合病院とでは、看護師の待遇に違いがあります。
そのことから勤務時間と待遇との間で、転職に際し悩みも出るものです。
どちらの待遇が適しているかというのは、その時の置かれている環境にもよりますので、一概には言えません。


<診療所と総合病院の特徴>

診療所で働く看護師は、正、准にかかわらず、18万円前後が多いようです。
もちろん地域差はありますので、都会であれば24万円程度という診療所もあります。
いずれにせよ正看護師への待遇としては、かなり低い金額になります。
しかし夜間勤務などがなく、職場環境としては比較的緩やかです。
人間関係も良好だというものが多々見られます。
転職では即戦力として期待されることとなります。
対する総合病院では、労働条件が過酷になり、ひとりに対する負担も大きくなる傾向にあります。
そのかわり夜間勤務などの関係もあって、給与はかなり高額になります。
また個人病院や診療所にはない経験も出来ることから、スキルアップを望む転職には適しています。
総合病院や大学病院の勤務で疲れてしまった看護師が、少し楽をするために転職するなら診療所、スキルアップや給与アップを目指すなら総合病院という選択もできそうです。

看護師の転職で気を付けたいことは?

看護師で現在転職を考えている人は、何を基準にして職場を選びますか?
一番はやっぱり自分の仕事に見合った給料だと思いますが、環境を第一に考えている人も多いのでは?
環境が良くないと、毎日働くのは苦痛に感じてしまいますからね・・・しっかり環境については把握しておきたいですよね。
また、自分の成長につながる職場と言うのも人気があるようですよ。


『看護師の求人について』

最近では、看護師の求人が増えてきていますが、一体どのくらいの広告があるのか気になりますね。
転職サイトや求人サイトは数多くありますし、その中から選ぶのは本当に大変なことだと思います。
中には、そのサイトでしか募集していない職場もあるようですから、出来るだけ多くのサイトを見ておくのがいいですね。
多くの人が、複数の求人サイトに登録をしているそうですから皆さんも試してみてはどうでしょう?


『夜勤で大切なことはなに?』

病院で働くとなった時、夜勤をすることもあるでしょう。
では、その夜勤では何が大切になってくるのでしょうか・・・それはチームワークだと言われています。
夜勤は限られた人数しかいないので、協力することが大事になってくるみたいですね。
確かに、協力することで乗り越えられることもありますし、心強く頼もしいですよね。

看護師が活躍できるのは病院だけじゃない

看護師の方の中には転職を考えていらっしゃる方もいるのではないかと思います。
病院だけしか職場が無いのかといいますと、そんな事は無く保健所や福祉施設・老人介護施設・看護学校の教諭など色々な場所で活躍することが出来ますので、幅広い選択肢があって良いかと思います。
病院では自分に合っていなかった、思っていた職につけなかったなどという方でしたらご自分に合った職場を選ばれることをお勧めします。
やはり、一番ご自分に合った場所で頑張りたいですものね。


『看護師の給料について教えて』

看護師の初任給は平均でおよそ25万円前後だと言われています。
ただ、人によっては自分の能力に見合った金額をもらえていないと思い、転職を考えている看護師の方もいらっしゃるみたいです。
人よりもテキパキ仕事をしているのに、と不満に思っている方も中にはいるみたいですよ。
忙しい環境ですから本来ならもう少し金額が増えても良いのかもしれませんね。


『夜勤で大切なことは?』

看護師には夜勤がありますが、こちらも給料に大きく影響してくるのだそうです。
夜勤ですと人数が限られていますので、一番必要なものは皆のチームワークなのだそうですよ。
やはりうまく協力して連携しなければ慌ててバタバタしてしまって、ばらばらになってしまいますよね。
看護師の方々は本当に忙しい環境の中で頑張っているのが分かりますよね。

看護専門外来ってなに?

看護専門外来という言葉を聞いたことがありますか?この外来はこの数年間で急激に増加している外来のことで、患者さんの苦痛を減らすこと、悩みを相談することを大きな目的として作られている科です。有名な科にストーマ(人工肛門)外来や、ガン看護外来、助産師外来などがあります。


病気の自己管理など看護師だからできること

看護専門外来では、担当医やドクターと連携を深めながら、専門知識の資格等を有する看護師が活躍しています。この外来の大きな目的は治療そのものではなく、痛みなどの緩和や合併症などの予防です。助産師外来では赤ちゃんを産んだばかりのお母さんの相談に乗ったり、ガン看護外来ではむくみを解消するマッサージなどを提供したりするところもあるそうです。現在の持病をこれ以上悪化させないこと、患者さんの負担を減らすことを目的として作られている外来です。


安心して生活するための外来

お医者さんが提供するのは専門知識を持った治療です。この看護外来では、専門知識のある看護師が、心と体の負担を軽減するケアを患者さんと一緒に考え、安心して生活できるように指導を行っています。自宅で療養生活を送る患者さんだけでなく、在宅介護を行っている家族の悩み相談を受けている病院もあるそうです。このような外来では専門看護師や認定看護師の資格が役に立つこともあります。転職を考えるときは資格のサポートなども確認しておくといいでしょう。

総合病院とクリニックは看護師にとってどう違う?

看護師として就職や転職をする場所で最も一般的にイメージされるのは病院だと思います。しかし、病院といっても場所や規模で看護師の仕事も大きく変わることが考えられます。総合病院と個人病院ではどのように変わるのでしょうか?


総合病院と個人病院の大きな違い

まず、総合病院と個人病院では科の数が違います。看護師として専門看護師などの資格を目指している場合は、選ぶことができる科の多い総合病院に就職する人のほうが多いと言われています。一方で、総合病院には研修医や検査技師がいることから、看護師が採血などの業務を行うことは非常に少なくなっていると言われています。また希望する科に配属されるのかどうか、という点でも病院によって待遇なども大きく変わるというデメリットがあるそうです。


<h3個人病院では雑務も多い?

個人病院では受付業務や案内業務などもナースが行うことがあります。人数や技師さんなどのスタッフが少ない分、ナースが行う業務も雑務が増えてしまうという点があるそうです。科の数も総合病院と比較すると少なく、検査に利用する設備なども少ないと考えられます。その分、病院に来る人も決まってくるケースも多く、よく知っている患者さんの看護を行える、採血などの業務もナースが行うことができるというメリットがあるそうです。

看護師が活躍できるのは病院だけじゃない

看護師の方の中には病院へ転職される方もいらっしゃるかと思いますが、活躍できるのは病院だけではないという事を皆さんはご存知でしたでしょうか?
病院だけではなくて、診療所や保健所・福祉施設や看護師養成学校の講師や教諭として活躍することもできるんです。
つまり資格をお持ちでいると色々なところで働くことができるのです!
それってなんだか嬉しいですし、ご自分に合った職場を選ぶことが出来ますので良いですよね。


看護師の転職に必要なもの

やはり転職をされる際に勤務先についての勤務形態や休日について把握しておくことはもちろん、看護師の人数やその方の年齢層についても把握しておかれることをおすすめします。
また、保健師という資格も一緒に持っておきますと活躍できる場所がさらに広まります。
各市区町村役場や老人保護施設などで働くこともできますので、良いかと思います。
働くことのできる場所が多くあることは幸せなことだと思いますので、ご自分に合った職場を選ばれるのが良いですね。


必要とされているから頑張れる!

最近では、看護師の方を必要としている分野がとても幅広くなってきていますので頑張りがいがありますよね。
誰かに必要とされるお仕事は本当に素敵だと思いますし、誰かのために何かすることが出来るなんてなんだか嬉しいですよね。
つらかったとしてもそれはいつか必ずご自分に返ってくるかと思いますので、頑張れます。
誰かに必要とされているから頑張りたいと思いますものね。
どのような分野で働きたいのかについては、よくお考えになってからお決めになるのが良いかと思いますよ。

看護師の転職はどのくらいの人がしているのか知りたい

看護師の方が転職を考えるのはどういう時なのでしょうか?
最近では看護師の求人を見かけたりもしますが、一体どれくらいの方が応募されているのかについても気になりますよね。
今では転職をされている方も少しずつ増えてきているみたいです。
その理由はその方によって違ってきますが、一番はその職場の環境なのだそうです。


看護師の方が成長できる環境を!

看護師をされている方の中には今の職場が窮屈だと感じている方もいらっしゃるみたいです。
特に公立病院は公務員扱いになるそうですのでなおそう思うのだとか。
中にはご自分を成長させるチャンスとして転職される方も多いのだそうですよ。
仕事内容などでそうされているのかと思いきや、実際はそんなことではなかったなんてなんだかびっくりですよね。
皆さん、やはり目的や目標などをもってそうされているみたいです。


口コミで同じ目的の方と話そう!

最近はネットが充実していますから、同じような方とコンタクトをとることもそう難しいことではなくなってきています。
せっかくですから、同じ方とお話をしたり相談してみたりしてアドバイスをもらってみたり参考にしてみるのはどうでしょうか。
もしかしたら同じ悩みを持った方と会う事が出来るかもしれませんし、同じ看護師ですので話しやすくて良いのではないかと思いますのでおすすめです。