看護専門外来ってなに?

看護専門外来という言葉を聞いたことがありますか?この外来はこの数年間で急激に増加している外来のことで、患者さんの苦痛を減らすこと、悩みを相談することを大きな目的として作られている科です。有名な科にストーマ(人工肛門)外来や、ガン看護外来、助産師外来などがあります。


病気の自己管理など看護師だからできること

看護専門外来では、担当医やドクターと連携を深めながら、専門知識の資格等を有する看護師が活躍しています。この外来の大きな目的は治療そのものではなく、痛みなどの緩和や合併症などの予防です。助産師外来では赤ちゃんを産んだばかりのお母さんの相談に乗ったり、ガン看護外来ではむくみを解消するマッサージなどを提供したりするところもあるそうです。現在の持病をこれ以上悪化させないこと、患者さんの負担を減らすことを目的として作られている外来です。


安心して生活するための外来

お医者さんが提供するのは専門知識を持った治療です。この看護外来では、専門知識のある看護師が、心と体の負担を軽減するケアを患者さんと一緒に考え、安心して生活できるように指導を行っています。自宅で療養生活を送る患者さんだけでなく、在宅介護を行っている家族の悩み相談を受けている病院もあるそうです。このような外来では専門看護師や認定看護師の資格が役に立つこともあります。転職を考えるときは資格のサポートなども確認しておくといいでしょう。