総合病院とクリニックは看護師にとってどう違う?

看護師として就職や転職をする場所で最も一般的にイメージされるのは病院だと思います。しかし、病院といっても場所や規模で看護師の仕事も大きく変わることが考えられます。総合病院と個人病院ではどのように変わるのでしょうか?


総合病院と個人病院の大きな違い

まず、総合病院と個人病院では科の数が違います。看護師として専門看護師などの資格を目指している場合は、選ぶことができる科の多い総合病院に就職する人のほうが多いと言われています。一方で、総合病院には研修医や検査技師がいることから、看護師が採血などの業務を行うことは非常に少なくなっていると言われています。また希望する科に配属されるのかどうか、という点でも病院によって待遇なども大きく変わるというデメリットがあるそうです。


<h3個人病院では雑務も多い?

個人病院では受付業務や案内業務などもナースが行うことがあります。人数や技師さんなどのスタッフが少ない分、ナースが行う業務も雑務が増えてしまうという点があるそうです。科の数も総合病院と比較すると少なく、検査に利用する設備なども少ないと考えられます。その分、病院に来る人も決まってくるケースも多く、よく知っている患者さんの看護を行える、採血などの業務もナースが行うことができるというメリットがあるそうです。