訪問看護の看護師の仕事

高齢化が進む日本で注目されているのが、訪問看護という仕事です。これは自分で生活することが一部、難しい高齢者が利用できるサービスで、自宅に看護師が訪問し、食事や入浴の介助、かかりつけ医の指示に基づいた医療処置を行います。


看護師として一人ひとりの患者さんと向き合う

現在、看護師の転職サイトなどでも訪問看護の仕事は増えていると言われているそうです。訪問看護の仕事では決まったお宅に訪問し、その家族や本人の望む医療などを提供します。入院施設のある病院などが遠い場合や、住み慣れた家を離れたくないという高齢者の精神的なことを考えてできた、新しい看護の姿勢です。これは高齢者の利用者が多いのですが、赤ちゃんでも若い世代でも、条件をクリアすればこの看護サービスを受けることはできます。


家族の相談にも乗ってくれるから安心

介護などで増えているのが、親族の介護疲れだと言われています。親族だから自分たちで、と考えても昼夜を問わずに大きな声を出す、自分で食事をとることが難しいとなると、家族も疲れ切ってしまうのです。それは障害を持つ子どもなどを持つ親にも言えることで、訪問看護では専門知識のある看護師が家族の相談にも乗ってくれます。支えになる家族の疲弊を防ぐことも、大切なことです。