看護師が活躍できるのは病院だけじゃない

看護師の方の中には転職を考えていらっしゃる方もいるのではないかと思います。
病院だけしか職場が無いのかといいますと、そんな事は無く保健所や福祉施設・老人介護施設・看護学校の教諭など色々な場所で活躍することが出来ますので、幅広い選択肢があって良いかと思います。
病院では自分に合っていなかった、思っていた職につけなかったなどという方でしたらご自分に合った職場を選ばれることをお勧めします。
やはり、一番ご自分に合った場所で頑張りたいですものね。


『看護師の給料について教えて』

看護師の初任給は平均でおよそ25万円前後だと言われています。
ただ、人によっては自分の能力に見合った金額をもらえていないと思い、転職を考えている看護師の方もいらっしゃるみたいです。
人よりもテキパキ仕事をしているのに、と不満に思っている方も中にはいるみたいですよ。
忙しい環境ですから本来ならもう少し金額が増えても良いのかもしれませんね。


『夜勤で大切なことは?』

看護師には夜勤がありますが、こちらも給料に大きく影響してくるのだそうです。
夜勤ですと人数が限られていますので、一番必要なものは皆のチームワークなのだそうですよ。
やはりうまく協力して連携しなければ慌ててバタバタしてしまって、ばらばらになってしまいますよね。
看護師の方々は本当に忙しい環境の中で頑張っているのが分かりますよね。

看護専門外来ってなに?

看護専門外来という言葉を聞いたことがありますか?この外来はこの数年間で急激に増加している外来のことで、患者さんの苦痛を減らすこと、悩みを相談することを大きな目的として作られている科です。有名な科にストーマ(人工肛門)外来や、ガン看護外来、助産師外来などがあります。


病気の自己管理など看護師だからできること

看護専門外来では、担当医やドクターと連携を深めながら、専門知識の資格等を有する看護師が活躍しています。この外来の大きな目的は治療そのものではなく、痛みなどの緩和や合併症などの予防です。助産師外来では赤ちゃんを産んだばかりのお母さんの相談に乗ったり、ガン看護外来ではむくみを解消するマッサージなどを提供したりするところもあるそうです。現在の持病をこれ以上悪化させないこと、患者さんの負担を減らすことを目的として作られている外来です。


安心して生活するための外来

お医者さんが提供するのは専門知識を持った治療です。この看護外来では、専門知識のある看護師が、心と体の負担を軽減するケアを患者さんと一緒に考え、安心して生活できるように指導を行っています。自宅で療養生活を送る患者さんだけでなく、在宅介護を行っている家族の悩み相談を受けている病院もあるそうです。このような外来では専門看護師や認定看護師の資格が役に立つこともあります。転職を考えるときは資格のサポートなども確認しておくといいでしょう。

訪問看護の看護師の仕事

高齢化が進む日本で注目されているのが、訪問看護という仕事です。これは自分で生活することが一部、難しい高齢者が利用できるサービスで、自宅に看護師が訪問し、食事や入浴の介助、かかりつけ医の指示に基づいた医療処置を行います。


看護師として一人ひとりの患者さんと向き合う

現在、看護師の転職サイトなどでも訪問看護の仕事は増えていると言われているそうです。訪問看護の仕事では決まったお宅に訪問し、その家族や本人の望む医療などを提供します。入院施設のある病院などが遠い場合や、住み慣れた家を離れたくないという高齢者の精神的なことを考えてできた、新しい看護の姿勢です。これは高齢者の利用者が多いのですが、赤ちゃんでも若い世代でも、条件をクリアすればこの看護サービスを受けることはできます。


家族の相談にも乗ってくれるから安心

介護などで増えているのが、親族の介護疲れだと言われています。親族だから自分たちで、と考えても昼夜を問わずに大きな声を出す、自分で食事をとることが難しいとなると、家族も疲れ切ってしまうのです。それは障害を持つ子どもなどを持つ親にも言えることで、訪問看護では専門知識のある看護師が家族の相談にも乗ってくれます。支えになる家族の疲弊を防ぐことも、大切なことです。

総合病院とクリニックは看護師にとってどう違う?

看護師として就職や転職をする場所で最も一般的にイメージされるのは病院だと思います。しかし、病院といっても場所や規模で看護師の仕事も大きく変わることが考えられます。総合病院と個人病院ではどのように変わるのでしょうか?


総合病院と個人病院の大きな違い

まず、総合病院と個人病院では科の数が違います。看護師として専門看護師などの資格を目指している場合は、選ぶことができる科の多い総合病院に就職する人のほうが多いと言われています。一方で、総合病院には研修医や検査技師がいることから、看護師が採血などの業務を行うことは非常に少なくなっていると言われています。また希望する科に配属されるのかどうか、という点でも病院によって待遇なども大きく変わるというデメリットがあるそうです。


<h3個人病院では雑務も多い?

個人病院では受付業務や案内業務などもナースが行うことがあります。人数や技師さんなどのスタッフが少ない分、ナースが行う業務も雑務が増えてしまうという点があるそうです。科の数も総合病院と比較すると少なく、検査に利用する設備なども少ないと考えられます。その分、病院に来る人も決まってくるケースも多く、よく知っている患者さんの看護を行える、採血などの業務もナースが行うことができるというメリットがあるそうです。

看護師が活躍できるのは病院だけじゃない

看護師の方の中には病院へ転職される方もいらっしゃるかと思いますが、活躍できるのは病院だけではないという事を皆さんはご存知でしたでしょうか?
病院だけではなくて、診療所や保健所・福祉施設や看護師養成学校の講師や教諭として活躍することもできるんです。
つまり資格をお持ちでいると色々なところで働くことができるのです!
それってなんだか嬉しいですし、ご自分に合った職場を選ぶことが出来ますので良いですよね。


看護師の転職に必要なもの

やはり転職をされる際に勤務先についての勤務形態や休日について把握しておくことはもちろん、看護師の人数やその方の年齢層についても把握しておかれることをおすすめします。
また、保健師という資格も一緒に持っておきますと活躍できる場所がさらに広まります。
各市区町村役場や老人保護施設などで働くこともできますので、良いかと思います。
働くことのできる場所が多くあることは幸せなことだと思いますので、ご自分に合った職場を選ばれるのが良いですね。


必要とされているから頑張れる!

最近では、看護師の方を必要としている分野がとても幅広くなってきていますので頑張りがいがありますよね。
誰かに必要とされるお仕事は本当に素敵だと思いますし、誰かのために何かすることが出来るなんてなんだか嬉しいですよね。
つらかったとしてもそれはいつか必ずご自分に返ってくるかと思いますので、頑張れます。
誰かに必要とされているから頑張りたいと思いますものね。
どのような分野で働きたいのかについては、よくお考えになってからお決めになるのが良いかと思いますよ。

看護師の転職はどのくらいの人がしているのか知りたい

看護師の方が転職を考えるのはどういう時なのでしょうか?
最近では看護師の求人を見かけたりもしますが、一体どれくらいの方が応募されているのかについても気になりますよね。
今では転職をされている方も少しずつ増えてきているみたいです。
その理由はその方によって違ってきますが、一番はその職場の環境なのだそうです。


看護師の方が成長できる環境を!

看護師をされている方の中には今の職場が窮屈だと感じている方もいらっしゃるみたいです。
特に公立病院は公務員扱いになるそうですのでなおそう思うのだとか。
中にはご自分を成長させるチャンスとして転職される方も多いのだそうですよ。
仕事内容などでそうされているのかと思いきや、実際はそんなことではなかったなんてなんだかびっくりですよね。
皆さん、やはり目的や目標などをもってそうされているみたいです。


口コミで同じ目的の方と話そう!

最近はネットが充実していますから、同じような方とコンタクトをとることもそう難しいことではなくなってきています。
せっかくですから、同じ方とお話をしたり相談してみたりしてアドバイスをもらってみたり参考にしてみるのはどうでしょうか。
もしかしたら同じ悩みを持った方と会う事が出来るかもしれませんし、同じ看護師ですので話しやすくて良いのではないかと思いますのでおすすめです。